働く前に把握しておきたい仕事まわりの情報

以前カナダを旅行して国や人を知って、留学して、気に入った、日本で働いてたけど外にでて働いてみたい。あっちの友人に誘われてる。

そんな理由で海外就労の道へ進む方も多いです。

このカテゴリーではカナダで働き始める際に気をつける事、就職前の流れ、把握しておきたい仕事の情報をまとめた記事を載せています。


カナダで働く際にこんな失敗しないように


失敗するケース。致命的なことにならないように理解しておきましょう。


ビザが無いと働けない


カナダで働く際に(というか全ての外国で)就労ビザが必要です。雇用主が人材技術開発省に外国人労働者の枠を申請しているかが1つのポイント。またあなたを採用する際に労働許可取得のサポートをしてくれるかもポイント。仕事情報を読む際にビザサポート有りの会社を探すことです。


合法でない雇用主と巡り合ってしまう


日本でもありますよね。外国人労働者がキャバクラで不当に働かされてた等のケース。日本人は危機意識と知識の無さで悪い雇用主に捕まってしまうこともあります。後でビザ申請するからと言って申請が遅れ、給与を払う段階で不法労働で捕まるケース。合法的に働ける企業を探すことが大事です。


仕事が見つからない


一時滞在ビザで滞在中に仕事が見つからない、雇用主と巡り合わない、無計画で面接すら出来ない。金ばかりかかって帰国した。積極性は素晴らしいと思いますがこんなことにならないように。日本国内に居るうちからカナダで使える求人サイトで就活をすることです。


本社採用と現地採用


本社採用は日本で採用されてカナダに派遣されること。現地採用は現地在住者むけに採用すること。現地採用は全部自分で決めなきゃいけません。不動産屋も住居も交渉も、医療も。会社からの支援は期待できず、開いてみたら生活にゆとりが無かった、なんてことも。仕事情報を見る際にどっちなのか気をつけて。


ここでは現地企業への就職の進め方や、採用されやすい日系企業の業界の話もしています。


カナダで生活するのに必要な給与や生活ぶりの予備知識、どんなスキルや人物像が求められているか。カナダ人と共に働き、1人外国で働き生活するのにどんな心構えが必要になるか、そういった情報を以下のメニューからご確認ください。


日本人のカナダ現地企業への転職の進め方と、採用後の流れ

カナダで働く方法の1つとして「現地採用」を狙って日本から転職をする事もできます。 ここではカナダ現地採用のためのアレコレを整理していますのでご確認下さい。 現地採用の求人の探し方 幾つかの探し方があります。 カナダで生活している人 今すぐに仕事を見つけたい人な

カナダ進出の日系企業を調査、日本人採用のチャンスを探る

カナダに法人を置く日系企業の特徴・業種 カナダにはたくさんの日系企業が進出していて、その中には日本国内で知名度の高い大企業もたくさんあります。 業種で見ると、歴史的にこの国とかかわりが深い自動車産業では、たくさんの自動車メーカーやバイクメーカーがカナダに進出し

カナダ日系企業への転職の進め方と、採用後の流れ

日本人がカナダの日系企業へ転職するには人材サービスが支援をしている事も多いので活用しながら進めていきましょう。 ここではカナダ日系企業への転職について流れをまとめています。ご確認下さい。 まずは求人の探し方 転職してカナダで一度は暮らしてみたいと考えている人に

現地採用の給与、ボーナス、手当、福利厚生、暮らしぶり

日系でもカナダ系でも現地採用者の一般的な条件について整理しています。 気になる給与 カナダで現地採用として働く場合、持っているスキルや経験によって待遇は異なりますし、職種によっても給料は異なります。 一般的な事務職の場合には、平均すると18000カナダドル~多

カナダ転勤ありの日本企業へ就職するための予備知識

カナダへの転勤がある求人の概要 カナダに支社を持っている日本企業は多く、自動車メーカーや商社、銀行、保険会社など多岐に及んでいます。 カナダで働きたい人にとっては、これらの基本企業に転職することによってカナダへ駐在という形で住むことも可能ですが、東証一部上場の

日本人ビジネスマンに求められる募集スキル等(現地採用)

語学力 日本人ビジネスマンとして現地採用で働きたい場合には、かなり高い語学力が求められます。 カナダでは英語とフランス語が公用語となっていて、ケベック地方で働きたい場合にはフランス語が流暢に話せると有利になるものの、その他の地方では英語力が必要不可欠となります

カナダで働くために必要な就労ビザ、概要を知るにはココで

カナダで働くためには、原則としてワークパミットと呼ばれる就労ビザが必要になります。 ワーキングホリデー制度を活用してカナダに渡航している人なら、すでに1年間のワークパミットを持っているので、仕事を探す場合に特別な手続きが必要になることはなく、雇用主がOKと言え

このページの先頭へ