カナダでの生活をスタートする基本の知識

日本から仕事でカナダに滞在する人は多いです。またその家族も合わせれば数万人になると言われています。

日本人が外国で生活して何ヶ月も何年も滞在するとなると厳しさをを伴いますが、それでもカナダはまだ過ごしやすい方だと思います。

このカテゴリーではカナダでの生活をしやすくする諸情報を扱っています。

まずはこの国についてのコーナー

カナダは北緯として北海道の札幌と同じかそれより北ですので寒い国であることは想像できます。現地の気候や気温はどれぐらいか、どんな服装が良いか、何を持参して行けばよいかをお伝えします。

カナダで生活するのに抑えておきたい事

まずは生活費ですね。日本よりは安く生活できるので貯金も貯まることでしょう。日本人が多く住むセキュリティの高いエリア、それから使える病院の情報をお伝えします。

カナダ人の話、言葉の壁のコーナー

カナダは移民を受け入れて成功した国の1つです。言語も英語とフランス語と両方。彼らとどのように生活、仕事をしていけばよいかお伝えします。

社会保険や医療保険の話

カナダで働くという事は日本を出る事になるので、それまで支払っていた社会保険料つまり厚生年金+健康保険(場合によっては国民年金に国民健康保険の人もいますね)がどうなるか、それから医療保険の話も読んで下さい。


ということで以下のメニューからどうぞ。

国について、国土・気候・天気・服装を事前チェック

カナダの国土 ロシアに次いで世界で2番目の面積を誇るカナダには、10の州連邦が存在していて、時間帯は5つあります。日本人にとっては時間帯がいくつもある生活にはなれていないので最初はピンとこない人が多いのですが、同じ国内でもカナダ最東にあるセント・ジョンズで正午

カナダの生活費、物価、日本人街、病院について

日本人の生活 カナダは、生活水準や教育レベルにおいて国連が「もっとも生活の質が高い国」の一つとして挙げているほど暮らしやすい国で、人口3200万人程度なのに対して毎年20万人程度の移民を受け入れているほど移民に優しい国です。英語とフランス語が共用語となっていて

人種と割合、ビジネス・生活で使われる言語とは

カナダの人種と割合 カナダには、いろいろな人種が住んでいます。「人種のモザイク」とニックネームを持っているこの国では、毎年20万人程度の移民を受け入れていて、世界中から住みやすいカナダへ移住している事実もまた、カナダにいろいろな人種が生活している理由と言えます

カナダで社会保険、医療保険、日本の年金がどうなるか

社会保険はどうなるか カナダでは、日本のように医療保険には全員加入しなければいけないというルールがなく、カナダ各州の権限によって社会保険は独自に運営されています。しかし、国全体にメディケアと呼ばれる国民皆保険制度が施行されているため、メディケアに加入できれば患

このページの先頭へ