日本人ビジネスマンに求められる募集スキル等(現地採用)

img-topic10

語学力

日本人ビジネスマンとして現地採用で働きたい場合には、かなり高い語学力が求められます。

カナダでは英語とフランス語が公用語となっていて、ケベック地方で働きたい場合にはフランス語が流暢に話せると有利になるものの、その他の地方では英語力が必要不可欠となります。

特に現地採用の場合には、現地で生まれ育った他のカナダ人たちと同じ舞台で争うことになり、生まれた時から英語を話している人たちに負けない英語力を持っていなければいけません。

「語学力」というとかなり抽象的ですが、TOEICやTOEFLなど外国人を対象とした語学力テストを受けることで、自分の実力を数字で表現することができます。

現地採用の場合には、TOEICなら800点以上、TOEFLなら600点以上を目安にすると良いでしょう。

また日系企業の場合は日本語が話せる事や、日本的な振る舞いに、カナダでのビジネス作法を知ってる事で採用確度が上がります

実務スキル

実務スキルは採用されるために持ってなければいけないスキルで、転職先の企業が欲しくなるようなスキルだと採用されやすくなります。

日本人が多く就職している現地企業には、旅行系や防衛系、製造業や販売系などがありますが、これらについて「働いた経験がある」では不十分で、どのような職種でどんな任務をこなしていて、転職後にはどんな事で企業に貢献できるのかをアピールすることが必要です。

日本でいう所の「事務職」「一般職」「内勤」等ではなく、「経理」「貿易事務」「人事」「IT」など専門性の高い実務スキルをアピールできるようにしましょう。

人物像

日本のように協調性があって波風立てることなく上手くやっていけることは悪いことではありませんが、カナダで働きたい場合には、周りに流されずに自分の意見をはっきりと言えることが必要となります。

語学力に自信がなくてモジモジしていたのでは、仕事にもマイナスの影響が出てしまいます。

発言する時には自信を持って言葉を発せられるような人物を企業は求めているものです。

役職ポジション

どんな役職を必要としているか仕事内容によりけりです。

日系企業ですと現地スタッフのマネージャでのポジションを期待される事が多いです。

日本でしか働いたことがない人でも、カナダの企業がどうしても欲しいと判断すれば現地採用されることも可能です。特に日本の会社と取引する企業ですと日本人の採用も可能性ありです。

しかしその場合には、語学力が必要なことは言うまでもなく、それ以外に企業に利益をもたらしてくれるようなスキルを持っていることが必要不可欠となるので、決して簡単なことではありません。

転職後に才能を発揮してプロモーションすることは十分に可能ですから、現地採用されたいと希望する場合には役職にこだわることなく採用してくれる企業を選ぶという方法も悪くありません。


日本人むけカナダ求人サイトへ戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ