日本人のカナダ現地企業への転職の進め方と、採用後の流れ

カナダで働く方法の1つとして「現地採用」を狙って日本から転職をする事もできます。

ここではカナダ現地採用のためのアレコレを整理していますのでご確認下さい。

現地採用の求人の探し方

img-topic10

幾つかの探し方があります。

カナダで生活している人

今すぐに仕事を見つけたい人なら、新聞や雑誌のクラシファイドで探すこともできますし、ネット店頭に出されている募集の張り紙を見て連絡するという方法も良いでしょう。

また、カナダでは政府が運営するサービスカナダやジョブバンクなどのサイトを使って求人検索することもできます。

ワーホリ制度を利用して働きたい人なら、あえてワークパミットを取得する必要がないので現地の人と同じハードルで仕事探しができますし、雇用主からOKをもらえればすぐに働き始めることができます。

今は日本で生活している人

現在日本で生活している人は雇用主からジョブオファーを受け、それをHRSDCと呼ばれるカナダ人材技術開発省に承認してもらってからワークパミットを取得する必要があるため、求人を探す場合には「就労ビザ支援」で探すように注意です。

カナダでの正社員の転職情報はインターネットの人材サイト(TOPページ参照)を活用するのが早いと思います。

現地採用というと地場のローカル企業よりも、日系企業の求人を探すのが採用の確度が高いですね。

用意するもの

気に入った求人を見つけたら、面接に向けて履歴書(レジュメ)を準備しましょう。

日本のように決まったテンプレートがあるわけではなく、基本的に自由フォーマットになっているので、学歴や職歴などを英語もしくはフランス語でタイプしましょう。

履歴書に顔写真を貼る必要はありません。また、面接では持っているスキルなどをアピールしたほうが採用されやすくなりますから、志望理由や生かせる経験やスキルなどはアピールできるように準備しておきます。

面接の進め方

カナダでの転職面接においては、人事担当者と対面で会話をする方法が一般的です。

現地採用なので面接のために渡航する必要がある場合が出てくることは念頭に入れておきましょう。1度の渡航で数社こなすスケジュールをして置かないと時間もお金ももったいないです。

日系企業の場合は国内で面接してくれることもあります。

あらかじめ準備した履歴書を持参しますが、履歴書に記載されていない内容を口頭でアピールできるチャンスだと考え、コミュニケーションを生かして自分自身を売り込むのもOKです。

志望理由など即戦力になるかどうかに関する質問がされたり、なぜカナダで働きたいのかなどの質問を受けたりすることになります。回答をあらかじめ準備しておくのは当たり前ですね。

転職後の流れと渡航

採用に関してワークパミットが必要になる場合には、雇用主からジョブオファーを受け、それをカナダ人材技術開発省に承認してもらうことでワークパミットを取得することができます。

採用後は、まず転職に向けたそうした手続きを行いながら、日本国内でも引越しの手続きや役所での手続きなどを同時進行で行うようにします。

カナダまでの渡航にかかる費用を雇用主が負担してくれるのか自己負担になるのかは、ケースバイケースなので面接の際に質問すると良いでしょう。

転職も現地採用も自分の責任ですので基本は自己負担になる事がほとんどだと思います。

また、渡航後には生活の拠点を整えることが必要になりますから、日数には余裕を持って渡航し、慌てずに転職初日を迎えられるように準備します。


日本人むけカナダ求人サイトへ戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ