カナダで社会保険、医療保険、日本の年金がどうなるか

社会保険はどうなるか

カナダでは、日本のように医療保険には全員加入しなければいけないというルールがなく、カナダ各州の権限によって社会保険は独自に運営されています。しかし、国全体にメディケアと呼ばれる国民皆保険制度が施行されているため、メディケアに加入できれば患者側の自己負担がゼロで医療サービスを受けることができます。しかし、移民としてカナダで暮らす場合には、加入できるまでに3か月間かかりますし、留学生やワーキングホリデイ、または駐在などの場合には公的医療保険であるメディケアを利用できない州もあり、その場合には個人で医療保険などに加入したほうが安心です。また、メディケアでは、歯科にかかる治療費やリハビリ治療、また処方箋の医薬品などはカバーされないため、全額が自己負担となる点に注意しましょう。

医療保険に入るべきか

カナダの社会保険は州によって微妙に異なりますし、すべての医療にかかる料金が保障されているというわけではないので、場合によっては患者側の負担がゼロになることもあれば、自己負担分が高額になる場合もあります。万が一のけがや病気に備えて安心して暮らすためには、医療保険に加入する方法がおすすめです。短期間で帰国する駐在の人なら、海外生活でも利用できる医療保険を出国前に探して契約することで、カナダへ引っ越した初日から安心して暮らせるようになります。医療保険は、その保険ごとに手続き方法が異なり、保険を利用する場合に医師からの診断書が必要になる場合もありますし、担当者へ何日以内に連絡しなければいけないという場合もあります。

日本の年金はどうなる

カナダで暮らしていても、日本を出国する際に海外転出を届け出ていれば、日本の年金受け取りの対象となります。駐在として限られた期間のみをカナダで生活する場合には、駐在期間中でも日本の年金を払い続けることは可能ですし、海外転出を出した場合には支払い続けることができないので、帰国後にその分を支払うこともできます。海外転出を届け出ている期間に保険料を支払うことによって、定年してから受け取れる年金の額に差が出てきます。いくらぐらいの差が出るのかは、自治体の市役所などで調べてもらうことができますから、気になる人は相談してみると良いでしょう。

カナダでの所得税の払い方

カナダに駐在している場合には、お給料を受け取るのは日本の企業からとなるため、所得税は日本に支払うことになり、カナダで所得税を支払う必要はありません。これは二国間で租税条約の規定があるためで、日本とカナダの両方に所得税を支払う必要がないというルールのためです。ワーキングホリデーや留学をしている人や、カナダ現地の企業で働く人の場合には、お給料を受け取る企業はカナダの企業になるので、所得税はカナダで支払うことになります。所得税はお給料から天引きされることになり、収入に応じて税率は異なります。ちなみに、年間課税所得が40,707カナダドル以下なら税率は15%、85,414カナダドル以下なら22%となっています。

怒りの社会保険

日本で会社員をやっていると社会保険について考える事なんて衆議院・参議院の選挙の時に立候補者の公約で社会保険について言及している時ぐらいではないでしょうか。

社会保険は払いたくない、けど社会保険は貰いたい他力本願な日本人の民度が露呈しています。マニフェストで社保を重要視してるのなんて大抵が老人かシングルマザーぐらいではないでしょうか。

そもそも社会保険とは何なのでしょうか。それは国民年金(厚生年金)と健康保険の2つの事です。

会社員の場合、給与額に応じて決まっています。一般的には健康保険料が11~12%で、厚生年金が17~18%です。(毎年改正)

例えば月収が30万円の方の場合は、健康保険料が14,955円で、厚生年金が26,742円。これが給与から天引きされています。(毎年改正)

それと同額を雇ってくれている会社が身銭を切って払っています。会社側からすれば社員を雇う事は社員の社会保険料を払う事になるので出来れば払いたくないと思っている事でしょう。

日本の法人は基本的に社会保険に加入しなくてはいけません。これまでもそうだったのですが取り締まりが緩く社保未加入の会社もありました。けどマイナンバーが導入されてからは取り締まりが厳しくなり、今後はほぼ全ての法人が社保加入となるでしょう。

法人にとってみれば負担でしかないわけです。これは怒りの社会保険です。

日本という国は社会保険料を徴収して何をしているのか。当然ですが老人のために年金を払っています。また病気になって病院に行けば保険証を出して3割負担で済みますが残りの7割が健康保険料から支払われてます。

しかし実態は老人が病院に行ってるので殆どは老人のために払っている構図です。国の医療費は年間30兆を超え、これが財政を圧迫していますから、国民と法人からより健康保険税をかっぱぎたいと思っているのです。

日本の社保について皆さんも考えてみましょう。


日本人むけカナダ求人サイトへ戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ