カナダで貿易・物流の求人、どんな業界・職種で可能か

カナダの貿易・物流求人の概要

img-topic16

カナダは毎年20万人以上の移民を受け入れていて、国内には多くの移民たちがそれぞれの言語や文化を大切にしながら生活しています。

多文化主義を掲げる国で諸外国との貿易や交流にも積極的に取り組んでいるカナダでは、貿易や物流に関する求人がたくさんあります。

日本で貿易に関する職務を経験したことがある人や、外資系で書類作成の経験がある人にとっては、カナダでも貿易系の仕事に就くことが可能です。

日系企業でもカナダに支社を構えている物流関連の企業はたくさんありますから、日系企業の現地採用で働くこともできます。

業種としては、機械メーカーは当然多く、水産物や畜産物、パルプ用の木材などを取り扱う企業が多いようです。

必要スキルや要件

貿易や物流では膨大な書類作成を迅速かつ正確に行わなければいけません。

書類は全て、カナダの公用語となる英語もしくはフランス語なので、これらの言語で作成された書類を読解できるスキルや、書類作成できるスキルなどは必要不可欠となります。

また、クライアントとのやり取りを電話で行うことも多いですから、コミュニケーション能力や交渉力なども持っていなければいけません。

万が一の事態にもフレキシブルに対応できる行動力も合わせて持っていると心強いでしょう。

給与や待遇面

img-topic17

高い語学力や専門的なスキルが必要となる貿易系の求人の給与は、駐在員は別として毎月1500カナダドル~2000カナダドルぐらいが目安となります。

インターンシップとして働く場合には給与は少し低くなり、1300カナダドル程度になることが多いようです。

日系企業の現地採用でも現地企業で働く場合でも必要となるスキルはそれほど変わりませんし、給与や待遇面でも大きな差はありません。

現地採用される場合には、求人に応募する際に就労ビザを持っているか、持っていない場合には就労ビザのサポートをしてくれる企業からの求人へ応募することが必要になるので注意しましょう。

正社員の仕事が多いため、ワーキングホリデー制度を利用してカナダで働きたい人を対象にした求人はそれほど多くないです。


日本人むけカナダ求人サイトへ戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ