カナダ日系企業への転職の進め方と、採用後の流れ

日本人がカナダの日系企業へ転職するには人材サービスが支援をしている事も多いので活用しながら進めていきましょう。

ここではカナダ日系企業への転職について流れをまとめています。ご確認下さい。

まずは求人の探し方

img-topic17
転職してカナダで一度は暮らしてみたいと考えている人にとって、最も高待遇で働けて帰国後の仕事も安定している転職方法と言えば、日系企業でカナダで働くという方法です。

これには国内採用の駐在員も、現地採用もあります

募集は日本国内で行われることが多いため、日本で生活している人にとっては面接や手続きの面では大きな安心材料となります。

しかし、安全で暮らしやすいと言われているカナダで生活してみたいと考えている人は多く、募集がかかると英語力に自信のある人や、海外生活経験者などが数多く応募するため、かなりハイレベルな激戦となります。

日系企業の仕事を探す場合には、ネットの転職情報サイトなどを使って見つけると良いでしょう。
TOPページ参照

事前に用意するもの

エントリーに当たって、履歴書、職務経歴書、レジュメの他に日系企業でも語学力を証明するものが必要となります。

履歴書は日本で市販されている履歴書のテンプレートに沿って記入し、職務経歴書はできるだけ職務と関係がある事を中心に、詳細を記載するようにしましょう。

また、面接では語学力を試すための面接も行われますが、その前の書類選考で落とされないために、TOEICなど語学力を数字として表現できる語学テストを受けておく方法もおすすめです。

駐在員として日系企業からカナダへ渡航する場合には、カナダで働く際に必要となるワークパミットを取得する必要はありません。

面接の進め方

img-topic10
何回かの面接が行われるのが一般的です。

日本人の面接官による面接に加えて、カナダ人による語学能力に関する面接が行われたり、場合によっては語学試験が面接の一環として行われたりすることもあります。

日系企業の現地採用の場合はカナダで面接を受ける事もあるかもしれません。

また、会社にとってはカナダ渡航後にそのまま退職されては困りますから、計画やプランについても話が広がることも考えておきましょう。

面接においては、赴任地、給料などの説明を受けることになりますが、わからない点はどんどん質問、交渉するように。

採用後の流れと渡航

入社後はまずは就労ビザの取得に向けて会社とのやり取りを行うことになります。

就労ビザは一般的には会社が全て手続きをしてくれますが、必要な書類なども多いため、じっと座って待っているだけではありません。

渡航日に向けて引越しの手続きは国内での役所関係の手続きをはじめ、スムーズに渡航できる準備を整えておきましょう。

国内採用の日系企業へ転職しカナダへ渡航する場合(つまり駐在員)には、渡航費は全て会社負担となるのが一般的ですが、念のために確認しておいた方が良いでしょう。

日系企業であっても現地採用の場合は全て自己責任、自己負担となるのは言うまでもありません

渡航する場合、すでにカナダにいる駐在員が住居などのサポートをしてくれる場合もありますが、必ずしも手厚いサポートを受けられるわけではないので、自分1人でもきちんとできるようにリサーチと準備はしっかりしておくと安心です。

また、防寒具などは現地でリーズナブルに購入できますが、現地では手に入らないものなどは日本から持参できるように準備するようにすると良いですね。


カナダ求人サイトの選び方へ戻る

このページの先頭へ